利用できる店舗

日常的な生活シーンの中では、何かを承認した時に印を押すケースも多く見受けられます。そのような目的で使用される印のことを、認印と呼びます。認印は、以前であれば、街中にある文具店やはんこ屋で購入されるケースが多かったものの、現在では、デパートやスーパーマーケットから百円均一ショップに至るまで、いろいろなお店で買うことができるようになりました。その他にも、実店舗ではなく、カタログ通販やインターネット上のウェブサイトを通じて購入することも可能です。

それぞれのお店によって、取り扱う商品の価格にもさまざまな違いがあります。例えば、百均では、その名の通りのリーズナブルな値段で売られています。その一方で、百貨店や文具店を訪れれば、数万円もの値がついた高級な印鑑も販売されています。

また、最近では、パソコンなどのIT機器やインターネットの接続環境が広く普及してきています。そのような状況の中で、実店舗ではなく、ネット上で商品を購入することもできるようになり、流行の購入方法となっています。認印は、サイズが小さく、軽量であることから、送料が安くて済むという意味合いからも、ネット通販に適した商品であると言うことができます。

 

流行のネット購入

通信販売は、認印を販売する業者の立場からしても、リアルショップを構えないことによるコスト削減のメリットがあります。そのため、実店舗と比較して、リーズナブルな価格で、クオリティの高い商品を提供することが可能になるという訳です。

そのように、いろいろなメリットのあるネット通販ですが、利用に際しては、注意するべき事柄も存在します。例えば、ネット通販で商品を購入する場合、実店舗のように、買った品物をすぐに持ち帰ることができないという問題点があります。ただし、最近では、最短で即日の出荷が可能など、スピーディーに商品を発送してくれる業者も数多く登場し、その種のリスクも低くなってきています。

また、ネット通販の場合、リアルショップのように、実際に商品を間近で見たり、手に取って確認したりすることができません。そのため、届いた商品が、思い描いていたイメージと異なっているという問題が起こりがちになります。ただし、最近では、業者の方でもその種のリスクを減らすために、さまざまな対策を講じてくれています。例えば、完成後のデザイン見本や仕上がりの状態を前もってウェブ上で確認できたり、ウェブページ上に、サンプルだけではなく書体に関する詳しい説明がなされていたりする印鑑通販サイトがあります。

  • 1
  • 2